Paying A Mortgage コンセプトのある設計は大切?業態によって異なる重要性

コンセプトのある設計は大切?業態によって異なる重要性


コンセプトを考えて店舗をデザインするメリット

店舗デザインをするときには予めコンセプトを考えておくのが重要と言われています。どのようなイメージを顧客に持ってもらいたいかを考えて、何を基本理念として営業していくのかを熟慮した上でデザインを決めると、それに共感した人が集まってくれる可能性が高まって利益を得やすくなるのがメリットです。コンセプトを決めると自然にデザインとして要求されるものも決まってきます。そのため、効率よく店舗をデザインする上でも重要なのがコンセプトを決めておくことです。しかし、業態によってこのメリットの大きさにも違いが生じることは念頭に置いておく必要があります。

業態によってメリットの大きさが異なる

例えばカフェ経営をするときにはコンセプトを最大限に重視するのが大切と言えます。これは店舗内で顧客にゆっくりと時間を過ごしてもらうことが重要な業態だからであり、そのコンセプトに共感した人がリピーターになってくれるでしょう。しかし、コンビニの場合には必ずしもコンセプトが重要ではありません。もともと顧客が買いたいものを手軽に買える場所だという前提で訪れることに加えて、滞在時間も短いので凝ったデザインをしてもあまり販促効果が高まらないのです。一般的にはコンセプトによって同業者との差異化を図った上で店舗デザインをするのが合理的になります。しかし、コンセプトを重視するメリットの大きさがどの程度かを考え、業態によっては店舗としての機能性を重視した方が良い可能性も考慮するのが大切です。

内装デザインを決める際にはコンセプトを明確に決める事が重要で、どのような内装にしたいのかをデザイナーに伝える事が必要です。